« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

息抜きに?

大学の講義の話をちょっと・・・。
たいていの講義は退屈でほとんどおもしろくありません。
しかし、たまにへぇー、と思うようなことがあります。

そんな中で三毛猫についての話です。
都市伝説とかで「三毛猫にはメスしかいない」というのがあるそうです。
僕は知りませんでしたが、これは本当らしいです。
性別はX,Yの性染色体で決まるということは知ってますよね。
XXであればメス、XYであればオスというやつです。
三毛猫には白、黒、茶色の三色の毛がありますが、これは遺伝子で決まってます。
遺伝子は染色体にあります。
そして、黒と茶色の遺伝子はX染色体にしかありません。
メスはX染色体を二本持っているために三色になることができますが、オスはX染色体を一本しか持っていないため、二色にしかなれないのです。
つまり、オスは三毛猫になることができません。
しかし、たまに性染色体がXXYのものもあります。
この場合だとY染色体を持っているためオスになり、またX染色体を二本持っているため三毛猫になれます。

P.S.赤川次郎の三毛猫ホームズってメスでしたっけ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二学期

夏休み明けからは、九月中旬くらいにあるAO入試の一次試験に向けて、小論文の勉強を始めました。
僕の受験する年からAO入試が始まり、倍率は相当あがるだろうと思っていました。
それでも、受けたら可能性は少しはあるが、受けなかったら可能性が0になると思い、受けてみました。
倍率は15.9倍でした。

予備校などには行ってなかったため、準備、対策はほとんど自分でやりました。
一部の名門?と呼ばれている進学校はどうかわかりませんが、僕の行っていたような公立高校では、先生達は役に立ちません。
AO入試、推薦入試だけでなく、一般も同じです。
予備校などに行くのを決してすすめはしませんが、医学部など高いレベルの大学を狙っているなら、高校側にはあまり期待しないほうがいいでしょう。
実際、僕も学校が行っている補習には一切参加しませんでしたし、風邪をひくことを防ぐのに、十二月くらいからは学校にもほとんど行っていませんでした。

最初に書いたAO入試の一次試験ですが、合格してました。
次は二次試験が十一月にありました。
今度は面接です。
それについてはまた次に書きます。
またコメントなどどんどんお願いします。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (2)

久しぶりに・・・

お久しぶりです。
たぶん約二ヵ月ぶりですね。
もはやいないかも知れませんが、待ってたかた、すいませんでした。

大学の方では今年から専門科目が始まりました。
試験の方も二つ終わり、一段落着いた感じです。
やっぱり覚える量が多いですね。

で、前の続きです。
高三の夏休みに入ってからも、試合が残っていたため、まだ練習をやってました。
それでも勉強も約4〜5時間はしました。
ほとんど数学です。
理科は全くといっていいほど手を付けてなかったので、模試の結果はひどいものでした。
それでも理科は間に合うと思っていたのであせりはありませんでした。
それと、自分の志望大学にAO入試があることを知り、夏休み後半からそれに向けての準備も少ししました。
次は夏休み以降のことを書こうと思います。
またコメントなどどんどんお願いします。m(__)m
ではまた。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »