« 医師を目指す理由 | トップページ | 大学生活 »

医師を目指す理由2

前回の続きです。
僕みたいな理由で合格したら、本気でどうしても医師になりたいという人は、あまりいい思いをしないかもしれません。
また、そんな理由で6年間、また一生をやっていけるのかなどと考えるかもしれません。
ですが、今の時点では医学部に入ったことを全く後悔していません。
結構深いところまで話し合える友達もでき、入れてよかったと思ってます。
勉強もなかなか大変ですが、勉強会をしたりと、中学、高校の時にできなかつこともあり、新鮮です。
また、何人かに医学部に入った理由を聞いてみると、まわりが受けるから、親が医者だから、浪人してもう医学部しか道がない、といったものも少なくありません。

もうすぐ長い夏が始まります。
言うまでもないことですが、よく「夏を制するものは受験を制す」と言われるように、受験においての天王山です。
もう一度、なぜ医師になりたいか考えてください。
医学部以外でも同じです。
ずっと勉強をしていると、何でこんなことをしなくてはいけないのか、自分が本当に医師になりたいのかなど思うことがたぶんあるでしょう。
僕も少しはありました。
そんなときは、自分のなりたい理由を思い出してください。
受かるか落ちるか、最後には、執念で決まると思います。
理由は何でもいい、とにかく、飾ったりせず自分の思いを最後まで持ち続ける。
それでたいていのことは乗り切れます。
大学に入ってしまえば、なんとかなるものです。

最後に
「オレは医者になるんだぁー!」
BYチョッパー ワンピースより
ではまた。

|

« 医師を目指す理由 | トップページ | 大学生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233500/7165555

この記事へのトラックバック一覧です: 医師を目指す理由2:

« 医師を目指す理由 | トップページ | 大学生活 »